ウエルシア薬局の薬剤師転職ガイド

ウエルシア薬局へ転職をお考えの薬剤師さんへ

現在日本のドラッグストアの中でもウエルシア薬局は店舗数も多く知名度も高く、働く薬剤師さんにとっても人気があります。そのため薬剤師の転職先の人気ランキングでも上位に入るので、これから転職をお考えの方も多いのではないでしょうか?

希望者も多いため転職の倍率も高くなりますので、リクナビ薬剤師などの転職エージェントを活用した転職活動がおすすめです。、頼りにになる専任のスタッフも常駐していますので、転職の不安も解消してくれるので安心ですよ。

ウエルシア薬局の薬剤師求人も豊富!転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
リクナビ薬局は、リクルートが運営している薬剤師専門サイトです。優良の非公開求人を多数公開しており、他では見つけられない求人を探すことができます。また転職成功マニュアルもあるので、はじめての転職でも安心です。検索はトップページからエリア・業種・希望条件を選択し簡単に検索でき、分かりやすいでしょう。ウエルシア薬局の求人も登録されており、分からないことはキャリアアドバイザーが親身になって対応してくれるので安心です。

ファルマスタッフ 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
ファルマスタッフは、日本調剤グループが支援している薬剤師求人専門サイトです。好条件の求人をはじめ、全国15か所の営業所を展開しているので全国各地どこからでも応募できます。もちろん、次世代型ドラッグストアのウエルシア薬局の求人も取り扱っています。ファルマスタッフは17年の実績がある転職支援サイトですから、転職を成功させるためのノウハウを提供。信頼度が高く、採用側の視点で情報収集しているので利用しやすいでしょう。

薬キャリ 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
薬キャリは、薬剤師求人専門サイトです。登録者数No.1、薬剤師求人サイトの中では人気が高く、高年収の求人が多数用意されています。「理想の働き方」を提案してくれるので、プライベートを重視したい方や、産休や時短など育児を重視したい方にもおすすめ。大手法人だけでなく地域に根差した求人も用意していますから、ウエルシア薬局の求人も見つけることができるでしょう。迅速な対応も喜ばれている理由のひとつです。

マイナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
大手転職エージェントのマイナビがサポートしている薬剤師求人専門サイト「マイナビ薬剤師」。選ばれる理由は3つ。1.キャリア面談、2.提案力、3.マイナビブランドです。応募者のニーズを的確にキャッチし、ぴったりの職場を探してくれます。また豊富な求人数で、希望の求人を見つけることができるでしょう。ウエルシア薬局の求人も取り扱っています。

薬剤師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
「いい求人を旬なときに」掲載してくれるのが薬剤師転職ドットコムです。非公開求人などすべて無料で利用することができます。また、転職で年収アップが期待できるのもこの求人サイトならではです。600万円以上の高年収求人も多数揃えていますから、薬剤師としてステップアップしたい方にはピッタリでしょう。ウエルシア薬局の求人も掲載されていますのでチェックしてみてください。

ウエルシア薬局の薬剤師求人はなぜ人気?



ウエルシア薬局の薬剤師求人に人気が集まる理由はいろいろありますが、(1)年収が高い(2)やりがい(3)研修が充実していること、の3つに絞って解説しましょう。

ウエルシア薬局の薬剤師は、ほかのドラッグストアでの求人と比べて、年収が高めです。ウエルシアホールディングスは、ドラッグストア業界の売上でトップ級に君臨していてそれも関係しているのでしょう。勤務地や時間帯によっては、パートとかアルバイトでも時給の高い求人があります。正社員であれば、新卒初年度でさえ年収で500万円以上が可能です。転職エージェントを見ると、中途採用の場合、最低年収が「517万〜」と記載してあるところもあります。


(参照:マイナビ薬剤師※求人検索結果)

ウエルシア薬局には数々の新しい取り組みがあります。普通のドラッグストアでは、調剤する薬剤師とOTC医薬品を担当する薬剤師は分業になっているケースが多いのですが、ウエルシア薬局では、1人の薬剤師が調剤をしながら、時にヘルスケアゾーンに出て、OTC医薬品や健康食品、介護用品などについての相談に乗ります。専門性を生かして、地域の健康を下支えするのは、やりがいのある仕事です。また無菌調剤室を設けた店舗や介護施設に併設した店舗などより細やかに利用者のニーズをかなえる取り組みもしています。こういった新しい取り組みは社員のやりがいにつながるでしょう。

ウエルシア薬局での薬剤師のやりがいを別方面で支えるのが、充実した研修制度です。新人研修はもちろんのこと、中途採用であっても入社当初に、3ステップからなる中途薬剤師研修プログラムが受けられるので安心です。中途薬剤師研修プログラムでは、健康食品やOTC医薬品の販売知識、レセプトコンピュータ、調剤関連知識について学びます。管理薬剤師研修、マネジメントスキルを磨く管理者研修、調剤リーダー研修など、キャリアアップの道も準備されています。介護研修や漢方研修など、現場ですぐ使えるスキルや、無菌調剤研修や在宅研修など、今後発展していくであろう分野での技術や知識を学ぶこともできます。グループ内学術大会や年に2回の薬剤師全体研修があり、ウエルシア薬局で働く薬剤師同士、交流を深め、情報交換をし、切磋琢磨する機会があるのも魅力です。

ウエルシア薬局で薬剤師として採用されるためには?



数々の同業他社を吸収合併し、関東地方を中心に成長してきたウエルシア薬局は、今後の発展を見込める勢いのある会社です。薬剤師というと、医師の処方せん通りに調剤をする、受動的な側面の多い職種だと考えられていた時代もありましたが、ウエルシア薬局が提案するこれからの薬剤師は、地域社会に対しより能動的な働きかけをすることが求められています。ウエルシア薬局で薬剤師として採用されるために、どんな資質が求められているのでしょうか。

ウエルシア薬局は、厚生労働省が打ち出したセルフメディケーションと、超高齢社会の介護問題にアグレッシブにアプローチしている企業です。ドラッグストアに調剤室を併設して薬剤師を常駐させ、体の不調を抱えている人が専門知識を持つ薬剤師に相談しやすい環境を作ること、24時間対応や無菌調剤室の設置など、地域住民により利便性の良い介護や医療のサービスを提供するといった取り組みは、既に始まっています。

ウエルシア薬局で薬剤師に期待されている業務をこなすには、基礎的な薬学的知識はもちろん、医学的な知識、薬物療法学についての知識や技術、介護の実情や、福祉政策についての知識などが不可欠です。渡された処方せん通りの調剤をして、薬を渡して終わりにするのではなく、その一歩先にある患者のニーズに敏感である必要もあります。ウエルシア薬局で働く薬剤師は、いつも調剤室にいるのではなく、健康食品やOTC医薬品の売り場に出て行って、買い物客と積極的にコミュニケーションを取ることも求められています。明るい表情やコミュニケーション能力は必要でしょう。

時代が求めるニーズの変化、そしてウエルシア薬局の発展に伴い、薬剤師に求められる機能は今後、さらに多様化することも見込まれます。ウエルシア薬局株式会社、取締役の高田智生氏は、キャリタスのインタビュー記事の中で、採用する学生には、役割の変化にアグレッシブに順応していく姿勢を求めていると語っています。順応性やニーズに敏感であることは、医療分野の新しい情報に通じていることに現れます。特に、新聞を毎日読むことが勧められていました。新聞には一般常識だけでなく、医療費や医療・介護保険のこと、新たな国の政策や指針、新薬やジェネリック医薬品のことなど、医療関係の多岐にわたる情報が扱われているからです。最新の医療情報に触れていれば問題意識が芽生えやすく、問題意識があれば、薬剤師としてどのように社会貢献していくか、というビジョンが鮮明になります。ウエルシア薬局では、ビジョンのはっきりした、アグレッシブで順応性もある人材が採用されやすいと考えられます。

ウエルシア薬局の求人は上記でも説明した通り、リクナビ薬剤師などの薬剤師転職エージェントの中にかなりの数掲載されています。「直接応募すればいいのでは?」と思う人も多いかもしれませんが、転職エージェントのスタッフと二人三脚で転職活動をすることで内定率が上がりますし、給与面の条件交渉などもスムーズに進みます。


Copyright (C) 2018 ウエルシア薬局の薬剤師転職ガイド All Rights Reserved.