神奈川のウエルシア薬局の薬剤師求人

ウエルシア薬局薬剤師の転職TOP >> エリア別 >> 神奈川

神奈川のウエルシア薬局の薬剤師求人

神奈川県は全国で2番目にウエルシア薬局の多いエリアで、196店舗あります。神奈川県の新横浜に、2016年に吸収合併したCFSコーポレーションの本部があったことが理由と考えられ、経営統合に向けて動き出した2015年10月末時点で、FSコーポレーションのドラッグストア「HACドラッグ」は、神奈川県内に168店舗あったと言います。神奈川県には今もHACドラッグの名称を残した店舗があり、ほかのエリアのウエルシア薬局とでは、異なる特色があります。

神奈川県のウエルシア薬局は、調剤に強い店舗が多いです。2018年1月時点において、薬剤師による対面販売が義務付けられている第1類医薬品を扱っている店舗は137件、病院で書いてもらった処方せんの薬を買える調剤室併設店舗は122件あります。調剤専門薬局も横浜市を中心に9店舗あり、泉区にあるハックドラッグ山手台店は無菌調剤室になっています。無菌調剤室では、痛み止め点滴薬の調製なども行えるので、在宅看護の地域ターミナルとしての役割を担えます。ウエルシア薬局では、在宅看護・介護へのバックアップにも力を入れており、薬剤師として、こうした最先端の取り組みをしている店舗で働くのは、きっと楽しい経験となることでしょう。

神奈川県内のウエルシア薬局のうち、高血圧症・高脂血症・糖尿病の予防に役立つ簡易血液検査を実施している店舗も53件あります。そのうち7店舗では、10分ほどの待ち時間で、すぐに結果が出る検体測定室を設置しています。簡易血液検査の実施によって、国が推進しているセルフメディケーションを、薬剤師が利用者に、より勧めやすくなることでしょう。簡易血液検査では、利用者が自分で血液採取を行いますが、検査結果が出た後、薬剤師が利用者と一緒に健康状態を分析し、健康で長生きするために、今できるセルフメディケーションを一緒に考えることになっています。ウエルシア薬局の薬剤師には、医療人としてやるべきことがたくさんあります。

神奈川県のウエルシア薬局では深夜営業している店舗も42件ありますが、調剤室そのものの営業時間は短く設定されていることが多いです。特に調剤専門薬局の営業時間は夕方6時までとか7時まで、日曜日と祝日が休みという店舗が多く、土曜日はお昼までだったり、週中の1日を休みにしている店舗もあります。調剤専門薬局に配属されれば、完全な土日休みは無理でも、夕方早めの帰宅や週末休みが確保できる可能性があるのは魅力です。

神奈川県でも薬剤師の年収は517万〜560万円で、パートで働く場合の時給2,600円は、全国のウエルシア薬局と同じです。

ウエルシア薬局の薬剤師求人も豊富!転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細

>>>リクナビ薬剤師に次ぐランキング2位以降を見る


Copyright (C) 2018 ウエルシア薬局の薬剤師転職ガイド All Rights Reserved.