ウエルシア薬局の薬剤師の福利厚生は?

ウエルシア薬局薬剤師の転職TOP >> FAQ >> ウエルシア薬局の薬剤師の福利厚生は?

ウエルシア薬局の薬剤師の福利厚生は?

イオングループのドラッグファーマシー事業の中核を担うウエルシア薬局は、日本でも成長著しい企業の一つです。新しい取り組みで売上をどんどん伸ばしており、薬剤師としてやりがいのある仕事環境だと評判です。長く働くのであれば、福利厚生も気になるところです。ウエルシア薬局の福利厚生はどうなっているのでしょうか。

ウエルシア薬局のサイト内にある採用情報には、新卒薬剤師の募集要項が具体的に記されています。一つ一つ解説していきましょう。

従業員持株会制度:株式購入資金を給与から天引きするなどして、自社の株式取得をサポートする制度です。株価は上がったり下がったりしますから、得か損かは一概には言えませんが、株主になると、会社の業績が良い時は配当金がプラスされますし、ウエルシア薬局の場合は自社店舗の買い物券や栄養ドリンクなどが定期的にプレゼントされます。

退職金制度(一時金・確定拠出年金):最近は1/4の会社で退職金制度がないということなので、退職金があるのはありがたいことです。ウエルシア薬局では厚生年金ではなく、確定拠出年金を採用しています。

健康診断:医者の不養生ということわざがあります。薬剤師であっても、定期的な健康診断は必要です。従業員割引制度:ウエルシア薬局では、食料品や日用雑貨も買えますから便利です。 社宅制度:家賃負担が軽くなるので助かります。

子育て支援:働くお母さんが産前・産後に休業できる制度があります。女性だけでなく男性でも育児や介護のための休業制度を利用できます。また、子どもが小さいうちは育児短時間勤務制度を利用できますから、仕事と子育ての両立がしやすいのも魅力です。

薬剤師賠償責任保険:業務中の投与ミスや販売した薬剤での重篤な副作用が起きてしまった場合、保障をしてくれる保険です。薬剤師の投与ミスによって死亡事故が起こった過去の裁判では、薬剤師個人と医療機関の両方に賠償責任を課すという判決が下りたことがありました。調剤だけでなく、紹介したOTC医薬品でも副作用を起こすリスクはあります。万が一の時には、ドラッグストアの管理責任だけではなく、薬剤師個人の職責が問われる可能性があるのです。どんなに気を付けていても、人為ミスはゼロにはできないものですから、会社で薬剤師賠償責任保険への加入もさせてくれるのは安心です。

労働組合有:労働組合は、残業時間や有給休暇の取得状況など、会社が労働基準法を遵守しているか監督してくれますし、会社と給料やボーナスアップの交渉もしてくれます。

ウエルシア薬局の薬剤師求人も豊富!転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細

>>>リクナビ薬剤師に次ぐランキング2位以降を見る


Copyright (C) 2018 ウエルシア薬局の薬剤師転職ガイド All Rights Reserved.