ウエルシア薬局の薬剤師の求人倍率は?

ウエルシア薬局薬剤師の転職TOP >> FAQ >> ウエルシア薬局の薬剤師の求人倍率は?

ウエルシア薬局の薬剤師の求人倍率は?

転職する際に気になるのは、希望する就職先の求人倍率でしょう。求人倍率とは、求人数を応募者の人数で割った数値です。例えば、「うちで仕事しませんか?」という求人募集100件に対し、応募する人が200人いれば、求人倍率は0.5倍、50人しかいなければ、求人倍率は2倍とカウントします。つまり、求人倍率は高ければ高いほど、求職者にとっては有利で、就職しやすい状況なのです。ウエルシア薬局の求人倍率はどうなっているのでしょうか。

2006年より薬学教育6年制が始まり、薬学系大学・学部・学科の新規開設が相次ぎ、2012年から新卒薬剤師が大勢、世の中に送り出されてきました。薬剤師資格を取得している人数からすると、数字の上では、2005年に薬剤師の数は足りているというデータもあったのですが、調剤併設型のドラッグストアの急増が薬剤師の需要を拡大させています。厚生労働省が2017年7月28日に公表した「一般職業紹介状況(職業安定業務統計)」によれば、医師・歯科医師・獣医師・薬剤師のパートタイマーを含む常用雇用の有効求人倍率の平均は、5.15倍だということです。日本全体の有効求人倍率が1.26倍であることと比べると、医療関係の資格を持つ人の求人の多さがわかります。

ウエルシア薬局でも、調剤併設型ドラッグストアの展開に力を入れています。2017年8月時点で、ウエルシア薬局の調剤併設率は69.6%で、1,052店舗が調剤併設型ドラッグストアもしくは調剤専門薬局として営業しています。そのうち、293店舗では、毎日平均1,000枚以上の処方せんを応需していると言います。1人の薬剤師が1日に扱える処方せんは平均で40枚と法律で規定されているため、利用者の多いドラッグストアでは、薬剤師も大勢配置しなければなりません。

さらに、ウエルシア薬局では、24時間、薬剤師を常駐させ、夜中でも緊急事態に駆け込める、地域密着型の頼れるかかりつけ薬局を目指しています。ウエルシア薬局が最近始めた、いつでも気軽に健康問題の相談に立ち寄れるウエルカフェ、店頭での簡易血液検査などの新しい取り組みにも、薬剤師は大切な役割を担います。さらに、介護の分野にも力を入れており、介護施設併設型ドラッグストアの展開、輸液や疼痛緩和薬も調製できる無菌調剤室の設置も進めています。

ウエルシア薬局の勤務地や仕事内容は多岐に及び、薬剤師の資格で活躍できる求人はたくさんあります。自宅の近くなど、細かなこだわりがなければ、ウエルシア薬局の求人倍率は相当高いと言えるでしょう。

ウエルシア薬局の薬剤師求人も豊富!転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細

>>>リクナビ薬剤師に次ぐランキング2位以降を見る


Copyright (C) 2018 ウエルシア薬局の薬剤師転職ガイド All Rights Reserved.