ウエルシア薬局の薬剤師の新卒採用は多い?

ウエルシア薬局薬剤師の転職TOP >> FAQ >> ウエルシア薬局の薬剤師の新卒採用は多い?

ウエルシア薬局の薬剤師の新卒採用は多い?

ウエルシア薬局は、ドラッグストアの中でも求人が多いことで知られています。店舗にも求人広告が貼ってあるのを見かけることがありますし、ウエルシア薬局のサイトにも目立つように「採用情報」へのアクセスボタンがあります。インターネットで検索すると、ウエルシア薬局での薬剤師の仕事を紹介している転職エージェントもたくさんあります。ウエルシア薬局では、研修プログラムも充実させており、新卒の薬剤師をたくさん採用し、ウエルシア薬局の企業理念に適合するように訓練する社風が確かに存在します。

ウエルシア薬局は、ツルハホールディングスやマツモトキヨシホールディングスと並ぶ大手ドラッグストアチェーンです。2016年にHACドラッグを経営するCFSコーポレーションと合併して以来、ますます勢いに乗り、時代のニーズを先取りする革新的な事業展開をしています。ウエルシア薬局株式会社の執行役員で、薬学部の非常勤講師もしている高田智生氏は、安いだけのドラッグストアは淘汰されつつあり、薬剤師がただ調剤だけしていれば良かった時代は終わった、よりアグレッシブに動ける、新しいタイプの薬剤師が必要とされている、と語っています。

2014年に厚生労働省は「薬局の求められる機能とあるべき姿」という指針を公布しました。指針の中では、間もなく始まる超高齢社会で増大する医療費を抑えるため、セルフメディケーションの大切さが論述されています。セルフメディケーションというのは、ちょっとした病気なら病院にかからず、ドラッグストアなどで自分で薬を買って、自分で手当しましょう、という考えです。調剤薬局を併設しているドラッグストアの薬剤師には、処方箋に基づいて医療用医薬品を調剤するとともに、適切なOTC医薬品の情報を提供することが期待されています。

病院で処方される医療用医薬品は、急性疾患の症状を和らげる、対症療法的な薬が一般的です。薬を飲み終わったら、必ずしも病気が完治するというわけではありません。一方、ドラッグストアで扱っているOTC医薬品やサプリメント、健康食品は効き目が穏やかな分、急性疾患には向きませんが、適切な指導の下、長く飲み続けることにより、根本的に体の調子を整えることができる作用があるのです。調剤をしながら、具合の悪い人の話をじっくり聞き、療養期間を少しでも快適にしてくれる介護用品や、ちょっとした不調を病気にさせない、漢方やサプリなどによる未病予防を実践することは、薬剤師本来の職能であり、今後、さらに必要とされる職能だと考えられます。そのため、ウエルシア薬局では、より順応性の高い新卒薬剤師の採用に熱心なのだと考えられます。

ウエルシア薬局の薬剤師求人も豊富!転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細

>>>リクナビ薬剤師に次ぐランキング2位以降を見る


Copyright (C) 2018 ウエルシア薬局の薬剤師転職ガイド All Rights Reserved.