ウエルシア薬局の薬剤師の離職率は?

ウエルシア薬局薬剤師の転職TOP >> FAQ >> ウエルシア薬局の薬剤師の離職率は?

ウエルシア薬局の薬剤師の離職率は?

せっかく就職するのだから、条件や環境の良い職場で長く働きたいと思うのが自然な感情でしょう。一般的に薬剤師、特にドラッグストアで働く薬剤師の離職率は、高い傾向にあると言います。ウエルシア薬局で働く薬剤師の離職率はどうなっているのでしょうか。

薬剤師は国家資格ですので、一度、薬剤師の資格を取得すると一生涯使えます。また、薬剤師の資格があれば、病院や調剤薬局、製薬会社だけでなく、ドラッグストアや化粧品メーカー、食品メーカー、学校、スポーツチーム、刑務所、自衛隊など、様々な分野の就職先があります。薬剤師は結婚や子育てなどで離職しても、資格のない人たちよりも、わりと簡単に復職先を見つけることができるのです。超高齢社会が近づいている現在の日本では、医師や薬剤師などはまだまだ必要で、現状、転職の際には売り手市場であるため、今の職場が嫌になったなど、簡単な理由で離職してしまう薬剤師もいます。そのため、業界全体で見ると、薬剤師の離職率は高い傾向にあります。

ドラッグストアの転職率が高い理由として考えられるのは、(1)ほとんどのドラッグストアが年中無休で営業しているため、決まった休みが取りにくい(2)パートやアルバイトも多く、休暇は非正規雇用の要望が優先され、正社員で採用されていると有給休暇や連休が取りにくい(3)土日勤務や深夜業務がイヤ(4)昇給幅が小さい、または、ほとんどない(5)女性の多い職場にありがちな人間関係、などです。一般的なドラッグストアチェーンの離職率は30%というデータもあります。

ウエルシア薬局で働く薬剤師の離職率を調べてみましょう。ウエルシア薬局に薬剤師として採用された人数は、2014年度が136人、2015年度は162人、2016年度は340人でした。ウエルシア薬局の薬剤師で離職した人数は、2014年度が18人、2015年度は16人、2016年度は3人です。採用人数は増えているのに、離職した人数は減っていることがお分かりいただけるでしょう。この3年間に離職した薬剤師の数を就職した薬剤師の数で割ると、離職率5.8%という数字が出てきます。ウエルシア薬局全体で見ても、離職率は10%ほどにとどまっていると言います。ウエルシア薬局は、地域のかかりつけ薬局という新しい役割を担うべく、次々と新しいプロジェクトを実行に移しており、若くて、やる気のある薬剤師にとっても、刺激的かつ楽しい職場であると言えそうです。

ウエルシア薬局の薬剤師求人も豊富!転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細

>>>リクナビ薬剤師に次ぐランキング2位以降を見る


Copyright (C) 2018 ウエルシア薬局の薬剤師転職ガイド All Rights Reserved.