ウエルシア薬局の薬剤師の仕事内容は?

ウエルシア薬局薬剤師の転職TOP >> FAQ >> ウエルシア薬局の薬剤師の仕事内容は?

ウエルシア薬局の薬剤師の仕事内容は?

ウエルシア薬局は調剤併設型ドラッグストアをチェーン展開しています。お客様の社会生活を豊かにすることと健康的な暮らしのサポートを理念とし、地域のかかりつけ薬局を目指しています。ウエルシア薬局で働く薬剤師の主な仕事内容は、薬に関係する接客と調剤です。

2017年1月1日に、厚生労働省による「セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)」が始まりました。セルフメディケーション税制とは、所得税や住民税をおさめており、きちんと健康診断を受けている人が、1年間に対象となる薬をドラッグストアなどで1万2000円以上購入した場合、1万2000円を超えた金額を所得から控除してもらえる税法上の特例です。身体の軽度な不調であれば、医療機関にかからず、薬などをドラッグストアで購入し、自ら手当てすることで、国の財政を圧迫している医療費の増大を抑え込もうとするのが狙いです。

このため、今後、ドラッグストアで薬を購入する人の増加が見込まれます。また、ドラッグストアにも、購入者の症状に合わせた適切な薬を紹介する役割が期待されるようになってくることでしょう。おなかが痛い、熱が出たと言っても、すべてが風邪に起因するとは限りません。中には、自分で手当てするのではなく、緊急に医療機関を受診すべき事案もあることでしょう。

ウエルシア薬局は、学校や病院のような地域のインフラとしての役割を果たしたいと考えています。そのため、専門性の高い薬剤師を各支店に常駐させ、地域の基幹店舗においては、24時間営業して、地域住民の健康を見守る取り組みもしています。ウエルシア薬局で働く薬剤師には、お客様の話を問診するかのようによく聞き、お客様の病状を把握する専門性が求めらます。そのためには、なんとなく調子が悪いという訴えから、具体的にどこがどのように痛むのか聞き出す会話力が必要になります。子どもの熱やケガなどでウエルシア薬局に駆け込んできたお客様に対して、緊急事態であっても落ち着いて対応できる冷静さも必要です。

2025年には、日本国民の3人に1人は65歳以上、5人に1人は75歳以上という超高齢社会が現実になります。ウエルシア薬局では、予防医療の充実のため、地域住民の交流の場としてウエルカフェを設置、地域社会への情報発信にも力を入れていく計画です。無菌調剤室のあるウエルシア薬局も今後、増加する見込みです。ウエルシア薬局で働く薬剤師の中には、医療機関などと連携し、自宅での服薬指導や、より高度な在宅調剤を行う人もいることでしょう。

ウエルシア薬局の薬剤師求人も豊富!転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細

>>>リクナビ薬剤師に次ぐランキング2位以降を見る


Copyright (C) 2018 ウエルシア薬局の薬剤師転職ガイド All Rights Reserved.