ウエルシア薬局の薬剤師の勤務時間は?

ウエルシア薬局薬剤師の転職TOP >> FAQ >> ウエルシア薬局の薬剤師の勤務時間は?

ウエルシア薬局の薬剤師の勤務時間は?

薬剤師として働く上で、給与の高さや仕事のやりがいも大切ですが、プライベートな時間もある程度、大切にしておきたいものです。休日出勤や過重労働が当たり前のブラック企業に就職してしまったら、大変です。ウエルシア薬局の薬剤師の給与の高さや、仕事のやりがいは評判になっていますが、勤務時間はどうなっているのでしょうか。

管理薬剤師の勤務時間は、薬事法で週40時間と定められています。この規定だけ読むと、1日8時間、週5日勤務する薬剤師には、1時間でも残業するゆとりはないように思えますが、違います。薬事法で定める40時間は、調剤業務に従事する時間であって、資料作成、OTC医薬品の接客や品出し、電話対応、レジ応援などの薬事以外の仕事をしている時間は、規制の対象外だからです。ただし、薬剤師も一般労働者と同じ労働基準法の保護下にありますから、1日の勤務時間は8時間で、8時間以上勤務しなければならない場合は、残業手当が付くのが通常です。

ドラッグストアの営業時間は、8時間を超えることがほとんどなので、薬剤師も通常、1日実働8時間ずつのシフト制で勤務します。ウエルシア薬局の開店時間は朝9時からの店舗が多いですが、駅前などでは朝7時とか8時から営業を始める店舗もあります。閉店時間は、早いところで夕方6時半の店舗もありますが、普通は夜9時とか10時で、夜中の12時が閉店時間の店舗もあります。また、ウエルシア薬局では、24時間営業店舗を今後、拡大させていくという方針を明らかにしています。コアタイムは朝10時から夕方7時までの9時間で、この時間帯には複数の薬剤師を配置するドラッグストアが多いです。

残業時間がどれほど長くなるかは、それぞれの店舗の店長の力量にかかっています。パートやアルバイトの薬剤師を上手に配置して、正規雇用の薬剤師が頻繁に残業しなくても大丈夫なように工夫してくれる店長もいますが、合理的なシフト作りが苦手で、正社員の薬剤師が残業しないと回らないようなシフトを作ってしまう店長もいます。ウエルシア薬局に勤務する薬剤師は、調剤業務以外にもOTC医薬品の接客などが求められていることも、あわせて考えておく必要があります。最近は、中国など諸外国からの旅行客がドラッグストアでの買い物を楽しんでおり、観光シーズンにもなると外国人買い物客でごった返し、OTC医薬品や健康食品などの相談に、薬剤師が忙殺されることもあると聞きます。特定の日や時期に、残業したくない薬剤師は、シフトが決まる前に、店長に話しておくと良いでしょう。

ウエルシア薬局の薬剤師求人も豊富!転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細

>>>リクナビ薬剤師に次ぐランキング2位以降を見る


Copyright (C) 2018 ウエルシア薬局の薬剤師転職ガイド All Rights Reserved.